ギルティ 悪魔と契約した女 第10話 2010年12月14日放送

堂島(唐沢寿明)の自殺(殺害)で現行犯逮捕された宇喜田(吉岡鋼太郎)はあっさり逃走。真島(玉木宏)は芽衣子(菅野美穂)に復讐を止めさせようと芽衣子を自分のマンションに閉じ込める。そして「宇喜田は俺がつかまえる」と出て行く。

捜査1課の門倉(RIKIYA)は宇喜田を逃がしてしまい苛立っている。そこへ真島が現れ、自分も宇喜田の捜索に加わりたいと申し出る。門倉は真島から受け取っていた辞表を突き返し捜査に加える(ツンデレか)。真島は万里(吉瀬美智子)に芽依子の監視を頼む。芽依子はすべてを知っていて宇喜田に狙われていると説明する。

宇喜田は大物政治家三沢宅にいた。そこで三沢の息子(こいつが15年前の犯人)から指示を受ける。一方、芽衣子はマンションから抜け出しペットサロンにきていた。そして店を退職したいと琴美(横山めぐみ)に申し出る。そこへ宇喜田から電話があり「堂島の原稿データを渡せ」とペットサロンの襲撃をほのめかし脅迫してくる。いなくなった芽依子を探しにきた真島は店を飛び出してきた芽依子に遭遇(あいかわらず都合がいい)。真島は芽依子を確実に拘束するため逮捕する。芽依子を愛している真島は「これ以上間違ってほしくない、俺に委ねてくれ」と懇願する。ある意味情けない状態のそんな真島を万里(吉瀬美智子)は黙って見守る。芽依子の監視を万里に任せ、真島は堂島と関係がある新聞社に向かう。

宇喜田は大胆にもペットサロンに上がり込みそこから芽依子に電話する。ペットサロンの2人は人質ということである。焦った芽依子は万里に「自分はどうなってもいい、犠牲者を出したくない」とお願いする。宇喜田との待ち合わせ場所に現れる芽依子。隠れていた万里は宇喜田を捕まえようとするが返り討ちにあう。宇喜田は「見逃してやるのは一回だけだ」と逃走する。(ほとんどヤクザのようだった)

再び署内。真島は芽依子から自分がお母さんから嫌われていたことなど当時の状況を聞かされる。そんな2人の会話を邪魔しないようにそっと差し入れを置いていく万里であった。翌日、三沢(息子)から芽依子の携帯に電話がくる。原稿データを渡せば冤罪もはらしてやると取引を持ちかけてきた。応じる芽依子。三沢の工作による宇喜田目撃のニセ情報であっさりと都合よく無人になった捜査1課で宇喜田を待つ芽依子。現れた宇喜田に芽依子は訪ねる。「なぜ私が犯人にならなければならなかったの?」。データを手に入れ余裕の宇喜田は勝ち誇って、出世を条件に三沢の罪を芽依子になすりつけたことなどすべてベラベラと話す。だが芽依子の仕掛けたワナ
で話は記者クラブにつつぬけだった。怒る宇喜田は芽依子に銃をむける。そこへまたもや潜んでいた万里が登場。だが宇喜田は強かった、また返り討ちにあうマリモちゃん。そこへ(またまた都合よく)真島到着。宇喜田は芽依子を人質にする。そこへ倒れていた万里が反撃。宇喜田は観念したかに見せかけてポケットから素早く別の銃を取り出し真島に向ける。一瞬早く真島が宇喜田に発砲。撃たれた宇喜田はよろけながら自分の席にいき、この席(地位)は誰にも渡さんぞ、というかのようにふんぞり返った格好で口から血を吐き絶命。放心状態の真島。万里は宇喜田のポケットからメモリーを確保する。芽依子は隙をついて逃走する。

そして三沢宅にあらわれた芽依子は…。
つづく

いつものように突っ込みどころ満載のご都合主義な展開ではあるが、それさえ気にしなければまあまあおもしろい回だったかな。真島ちゃんがついに発砲したね。

◇「ギルティ 悪魔と契約した女」
2010年10月期 関西テレビ・フジテレビ系列 火曜 22:00
公式サイト http://guilty.ktv.jp/
主題歌 「この夜を止めてよ」 JUJU
キャスト
野上芽衣子(菅野美穂)、真島拓朗(玉木宏)、榎本万里(吉瀬美智子)、鶴見真人(水上剣星)、宇喜田 元(吉田鋼太郎)、三輪周平(モロ師岡)、堂島基一(唐沢寿明)
概要
刑事・真島拓朗(玉木宏)は、失踪した先輩刑事・三輪周平(モロ師岡)の足取りを調べるうちに三輪家の飼い犬の世話をしているトリマー・野上芽衣子(菅野美穂)と知り合う。彼女は自分を冤罪に追い込んだやつらに復讐をするという裏の顔を持っていた。真島と芽衣子の微妙な関係、そこに絡む怪しい人々のそれぞれの思いが交差し、やがて驚愕の真実へと辿り着く。

最新ドラマ視聴】 【ドラマブログ