ギルティ 悪魔と契約した女 第8話 2010年11月30日放送

溝口(金井勇太)に殺された三輪(モロ師岡)。だが三輪の死は暴力団の抗争に巻き込まれたものとして発表される。警察上層部により真相は隠蔽されたのだ。捜査1課の刑事達は通常任務に戻る。万里は当然捜査続行。
真島はヤクの売人の線から溝口に迫るつもりのようだ。すでに真島には刑事の冷静さはない。怒りに任せむちゃな捜査をしている。心配するバーテンダー鶴見(水上剣星)の言うことも聞かない。「酒を出せ!」(でた、クサいセリフ)。
売人がつぶされてヤクが手には入らずイラつく溝口は真島に殺害予告をする。「好きな女が殺されたら泣いちゃう?」。焦って芽衣子(菅野美穂)のもとに行く真島。そこにあらわれた溝口に殺意剥き出しで発砲する真島。追い詰めて額に銃口を突きつける。止めに入る芽依子。「あなたは私と違うんだから!」(あ、いっちゃった)。逃げる溝口。「なぜ三輪さんや宏太の仇を討たせてくれないんだ。」と言う真島に「あなたは犯罪者になってはいけないんです。」という芽依子。(本気で撃つつもりだったのを、芽依子が止めるという体なんだろうけど正直演出があれで、止められるのをまっていたようにしか見えない…)
その後、かなりおかしくなっている真島を目撃した万里は芽依子に平手打ち。「もう彼に近付かないで!」。すべて芽依子のせいだと言わんばかりだ。思いつめた感じの芽依子は、「わたしがかたづけなきゃ…」とつぶやく。
堂島(唐沢寿明)と会う芽依子。宇喜田(吉田鋼太郎)の後ろにかなりの大物がいることを伝える堂島。これ以上はまさにアンタッチャブルだ、自分は手をひくという。お前も溝口なんかに関わっている場合ではないと助言する。「いまのあんたはただの殺人鬼だよ。」といいのこす。
昨日のビンタを謝りにくる万里。芽依子は、もう警察の人とかかわりたくないからアン(三輪家の犬)の世話を頼めないかと万里にいう。了解する万里。
溝口が芽依子にコンタクトをとってきて俺と組まないかという。芽依子は話に乗る風を装い溝口を殺るつもりだ。真島は例の通報が芽依子であったことを万里から聞いて芽依子がなにかやろうとしていることに気付く。そこに都合よく堂島が現れ2人の落ち合う場所を聞き出す真島。(かなりご都合主義な展開)
溝口は芽依子の殺意をお見通しだった。灯油をかけられ超ピンチな芽依子。そこに駆けつける真島だが、溝口は火をちらつかせていて手出だしができない。だが芽依子の抵抗でもみ合ううちに足をつまづいてしまい自ら(これまた都合よく)穴に落ちて燃えてしまう。(んなアホな)
(すぐ助ければなんとかなったような気もするが)真島は「俺のせいだ」といい芽依子を抱きしめる。(いやいや、灯油かぶってんだから抱きあってないで火から離れろよ)
つづく…

◇「ギルティ 悪魔と契約した女」
2010年10月期 関西テレビ・フジテレビ系列 火曜 22:00
公式サイト http://guilty.ktv.jp/
主題歌 「この夜を止めてよ」 JUJU
キャスト
野上芽衣子(菅野美穂)、真島拓朗(玉木宏)、榎本万里(吉瀬美智子)、鶴見真人(水上剣星)、宇喜田 元(吉田鋼太郎)、三輪周平(モロ師岡)、堂島基一(唐沢寿明)
概要
刑事・真島拓朗(玉木宏)は、失踪した先輩刑事・三輪周平(モロ師岡)の足取りを調べるうちに三輪家の飼い犬の世話をしているトリマー・野上芽衣子(菅野美穂)と知り合う。彼女は自分を冤罪に追い込んだやつらに復讐をするという裏の顔を持っていた。真島と芽衣子の微妙な関係、そこに絡む怪しい人々のそれぞれの思いが交差し、やがて驚愕の真実へと辿り着く。

最新ドラマ視聴】 【ドラマブログ