ギルティ 悪魔と契約した女 第7話 2010年11月23日放送

前回、裏ジャーナリストの堂島(唐沢寿明)に「あんたの復讐はもう手詰まりだ」と言われた芽衣子(菅野美穂)。次のターゲットは捜査一課の宇喜田(吉田鋼太郎)である。宇喜田はマッチ野郎の溝口(金井勇太)をあやつり芽依子の妨害をしているのだ。しかし芽依子はひるまない、やつらが「仕掛けてくるのを待っていた」と言い放つ。

怪我がまだ痛む真島(玉木宏)はまりもちゃん(榎本万里(吉瀬美智子))に通り魔の遺留品を調べてもらう。さらに、行方不明の三輪(モロ師岡)から、15年前の事件は冤罪だったと打ち明けられたことを万里に言う。いままでギクシャクしていた2人であったが、巨大な敵の存在によって再び絆が深まっていくようにみえる。
真島は15年前の事件について宇喜田に揺さぶりをかける。事件の担当が宇喜田だったにもかかわらず当時の捜査資料に名前がないこと、事件後宇喜田が異例の出世をしていること、などを突きつけ、さらに自分が空き巣に入られた件をあげて挑発する。挑発に乗った宇喜田はそのあとマッチ野郎・溝口に会い、クスリをちらつかせ次の指示を出す。

三輪から芽依子に封筒が届く。中には通帳と詫びの手紙。通帳はいわば「贖罪の積み立て預金」だ。
真島は三輪から呼び出しを受け会いに行く。証拠のねつ造に手を貸した件、それをやらせたのは宇喜田であることを伝える。三輪は芽依子をかばい復讐殺人の罪を全てかぶるつもりだ。悩む真島。背後にはもっと大物がいる。

ついに真島は芽依子に自分が刑事であることをうち明ける。捜査のため隠していた、だが自分の行動のすべてが嘘だったわけではないと言う。そして、「ひとりの男として真実が知りたい」と超クサいセリフで芽依子に自白を促す。だが、「知らない」と答えるめいこ。

「俺はおまえを信じる」といい去る真島。(オイオイ)
泣き崩れる芽依子。
「ここで終わるわけにはいかないんです、すいません…。」

真島の部屋で帰りを待つ万里に溝口が襲撃にくる。格闘の末なんとか撃退するがダメージを負うまりもちゃん。

「告発する準備ができた」といい、宇喜田を呼び出す三輪。宇喜田に宣戦布告の電話をする芽依子。(三輪と芽依子は連携しているのか?)
芽依子は倉庫内での宇喜田と三輪のやり取りを撮影し証拠映像をゲットする。宇喜田は三輪を殴りつけ後始末を溝口に指示する。
なぜか都合よく溝口の後をつけるバーテンダー・鶴見(水上剣星)であったが逆に溝口に捕まってしまう。
駆けつけた真島に溝口は三輪と鶴見を人質にして脅迫する。「灯油をかぶり火を着けろ!」。
間一髪、駆けつけたパトカーのサイレンに救われる真島。通報して助けたのは芽依子だ。だが溝口はまたもやまんまと逃走する。
そして三島は溝口にやられた傷で命を落とす。真島に「あの子をたのむ…。」と言い残して…。

芽依子が送った宇喜田と溝口のツーショット写真により捜査一課の連中も宇喜田がかぎりなく黒いことに気付く。万里は通報電話の発信もとを調べさせる。芽依子ピンチ?…。
つづく

あいかわらずあか抜けない感じの演出?のおかげでハラハラ感が足りない。細かいところはどうかなとは思うが全体のストーリーはおもしろい。

◇「ギルティ 悪魔と契約した女」
2010年10月期 関西テレビ・フジテレビ系列 火曜 22:00
公式サイト http://guilty.ktv.jp/
主題歌 「この夜を止めてよ」 JUJU
キャスト
野上芽衣子(菅野美穂)、真島拓朗(玉木宏)、榎本万里(吉瀬美智子)、鶴見真人(水上剣星)、宇喜田 元(吉田鋼太郎)、三輪周平(モロ師岡)、堂島基一(唐沢寿明)
概要
刑事・真島拓朗(玉木宏)は、失踪した先輩刑事・三輪周平(モロ師岡)の足取りを調べるうちに三輪家の飼い犬の世話をしているトリマー・野上芽衣子(菅野美穂)と知り合う。彼女は自分を冤罪に追い込んだやつらに復讐をするという裏の顔を持っていた。真島と芽衣子の微妙な関係、そこに絡む怪しい人々のそれぞれの思いが交差し、やがて驚愕の真実へと辿り着く。

最新ドラマ視聴】 【ドラマブログ